TOP ティンズについて ティンズの英語教育

ティンズの英語教育

ENGLISH

「話せる英語」を身につける
ティンズのイマージョンプログラム

ティンズでは、英語環境の中で保育を行うイマージョンプログラム(immersion program)を採用しています。保育園からアフタースクールまで、最長12年間(0歳〜12歳)にわたって続けられる英語の一貫教育で、確実に「話せる英語」を身につけていきます。

POINT 01

子どもたちの毎日に英語のシャワーを。

1965年にカナダで始まり、50年以上の歴史を持つ教育プログラム「イマージョンプログラム」。第二言語の習得に効果が高く、欧米からアジア各地まで、世界中で実施されています。ティンズのイマージョンプログラムは、英語を英語で学ばせる環境を整備し、子どもたちを英語に「浸らせる(=immerse)」ことで、自然な英語の習得を目指すもの。日本で生まれ育ったわたしたちが日本語に浸って生活するように、子どもたちはティンズで英語に浸り、毎日英語のシャワーを浴びて生活します。

POINT 02

英会話の基本は「ヒアリング」。
英語を聞き続けられる環境がここにはあります。

英会話で最も重要な「ヒアリング能力」。聞くことができなければ、相手からの情報を受け取ることができません。こちらから話を始めたとしても、必ず相手から返事が返ってきます。聞くことなしに、会話は成り立ちません。だからこそ、ティンズのイマージョンプログラムではヒアリングを基本に据えています。子どもたちの日々の生活には、日常で使われる英語が滝のように流れます。小さな赤ちゃんや、まだ英語に触れたことのない子どもたちは、その英語を受け止めることができずに、初めはただ流れ落ちていくだけです。しかし、子どもたちの学習能力はとても高く、次第に目に見えるもの(ビジョン)と言葉(ワード)が重なり、自分自身で意味を捉え、自然に理解していくようになります。それにはもちろん、長い時間と継続が必要です。ティンズは子どもたちが毎日を過ごす保育園&アフタースクールという場所だからこそ、自然と英語を聞き続けられます。

POINT 03

0歳から継続するカリキュラムで
高校生並みの英語力を。

ティンズでは保育園からアフタースクールまで、最長12年の一貫したプログラムのなかで、段階的に無理なく英語を身につけていきます。

0・1・2歳児クラス

日本人保育士と外国人教師がつき、日本語と英語の両方に慣れ親しんでいきます。

3歳児以上

担任が外国人教師のみに。1日中ずっと英語で生活するトータルイマージョンプログラムが始まります。さらに、3歳児からは読み書きも同時に行い、英語を「知識」としても身につけることで、より定着力のある英語にしていきます。

アフタースクール

能力別の英語クラスを採用し、ディベートやゲームなどを通じてよりハイレベルな英語を身につけていきます。アフタースクールでは、多くの児童が保育園から継続して通ってくださっていますが、小学校からティンズで英語をはじめる方も少なくありません。はじめて英語に触れるお子さまもしっかりと力をつけられるよう、万全のサポートを行います。本気で「英語を身につけたい!」と思う方はぜひティンズで一緒にチャレンジしていきましょう。

これらの段階的なカリキュラムを通じて、英語で会話ができるようになるのはもちろん、小学校3年生以上ででは8割以上の児童が英検2級または準2級に合格しています。

ティンズのイマージョンプログラムは
筑波大学と連携して作成しております。